女性にも起こる男性型脱毛症と、女性向けの養毛剤

女性の男性型脱毛症

AGAこと、男性型脱毛症は圧倒的に男性に起こりやすい症状です。男性型脱毛症と名付けられているものの、実際には女性に起こるケースも珍しくはありません。女性にも男性ホルモンは存在するので、ホルモンバランスが崩れていると男性型脱毛症による薄毛が起こるのです。女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を育てる働きがあるのですが、30代の半ばくらいからはエストロゲンの減少が始まるので、これも男性型脱毛症に繋がる原因と言えるでしょう。ただ、男性の男性型脱毛症と女性の男性型脱毛症では症状にやや差が見られ、男性の場合は頭頂部の毛が減る、あるいは生え際が後退してくるなど特定の部位に悪影響が出るのが普通です。それに対して女性の男性型脱毛症の場合、全体的に髪の毛が細くなる症状が出るものの、エストロゲンの分泌量はある程度はキープされるので、放っておいても薄毛が大きく進行することはあまりありません。

男女兼用と女性用

このように男性と女性では症状が大きく異なるので、女性の男性型脱毛症をFAGAと呼んで男性のものと区別する場合もあります。女性で髪の毛が薄くなるといった症状が出てきたら、早めに養毛剤を使い始めて頭皮の環境を整えるのが重要です。この際に問題なのが、男性向けの養毛剤を使うか、それとも女性用の養毛剤を使うかの選択です。男性向けのように見える養毛剤であっても、多くの製品は男女兼用なので女性でも使えます。実際に私が使用している養毛剤も、よくよく見れば男女兼用であることが記載されていました。

症状に合わせた製品選び

ただ、先に書いたように男性と女性では男性型脱毛症の症状が大きく違うので、基本的には男女兼用の製品ではなくて女性向けの養毛剤を選ぶのが基本だと思います。頭皮が荒れている自覚があるなら保湿の面で優れている養毛剤や抗菌作用のある養毛剤を選ぶ、抜け毛が増えてきたのなら男性ホルモンの抑制に効果がある養毛剤を選ぶなど、自分自身の状態に合わせて養毛剤を選ぶとよいでしょう。