養毛剤と育毛剤、そして発毛剤の違いについて

育毛剤について

養毛剤と育毛剤は何が違うのか、私も昔は疑問に思っていました。生え際が後退して、どうにかしたいと発毛剤について調べていると、発毛剤や育毛剤、養毛剤と髪の毛に関する商品があることに気づいたのです。発毛剤は何となく分かったのですが育毛剤や養毛剤の違いが分からずに調べると、育毛剤や医薬部外品で、養毛剤はヘアケア化粧品に分類されることを知りました。医薬部外品は薬事法により医薬品と化粧品の中間と定義されており、厚生労働省からの認可を受けています。医薬部外品との認可を受けるためには一定の有効成分が含まれている必要があるので、医薬品ほどではないが体に一定の影響を与える成分が含まれている製品と言い換えられるでしょう。

養毛剤と育毛剤、発毛剤を比較

それに対して養毛剤はヘアケア化粧品なので、必ずしも髪の毛に対して効果的な成分が含まれているとは限りません。そのため、髪の毛に与える影響だけを見ると、最も効果が高いのは発毛剤、次いで育毛剤、最後に養毛剤の順番になります。一方で、医薬品ほど副作用がきつく、副作用の悪影響が表れやすいのは発毛剤、次いで育毛剤、最後に養毛剤の順番です。養毛剤はデメリットが少ない代わりにメリットも少なく、発毛剤はデメリットも大きいがメリットも大きい製品です。

どう使い分けるのがよいか

男性型脱毛症に悩まされている人が養毛剤、育毛剤、発毛剤のどれを使えばよいか、これは症状によって違うのですが、私としては発毛剤を優先させた方がよいと思います。人によっては副作用が原因で発毛剤は使えないものの、やはり毛を生やすためにはある程度のリスクは覚悟の上で効果を求めたいところです。養毛剤は頭皮の状態を整えてくれるので、金銭的に余裕があるなら発毛剤と養毛剤を併用するのも効果的です。育毛剤は立ち位置的にはやや中途半端ですが、育毛剤と養毛剤の組み合わせもよいと思います。血圧に問題を抱えていてミノキシジル配合の発毛剤が使えない、そのような人の場合は育毛剤と養毛剤の併用が基本と言えるでしょう。