養毛剤は頭皮の状態を改善する効果が見込める製品

養毛剤の効果は頭皮に表れる

男性型脱毛症に悩んでいるなら、養毛剤を使うのも効果的です。養毛剤、育毛剤、発毛剤を全て含めれば非常に多くの製品があるのですが、実際に表れる効果はある程度は決まっています。効果は全部で10種類程度しかないのですが、養毛剤はその中の頭皮の状態に関係するものが見込めるのです。

どんな効果があるのか

養毛剤を使ってまず期待できる効果は保湿であり、乾燥した頭皮に潤いをもたらしてくれるのが魅力です。頭皮が乾燥しているとフケ、血行の悪化など髪の毛にも様々な悪影響が出るので、保湿は欠かせません。もっとも、保湿は発毛剤や育毛剤でも効果が見込めるので、養毛剤ならではの効果とは言えないでしょう。頭皮の皮脂が多い状態も髪の毛にとってはよくなく、これを改善するのが抗脂漏の効果です。育毛剤でも定番の効果で、皮脂の分泌を抑える成分を加えることで頭皮の状態を改善してくれます。頭皮の代謝の活性化も養毛剤の代表的な効果で、皮脂や角質のバランスを整える効果が見込めます。男性型脱毛症で悩んでいる人の中には頭皮の肌荒れが見られる人も多く、消炎も養毛剤の重要な効果です。消炎効果だけでなく抗菌効果も加えて、頭皮の菌の増殖を抑える養毛剤も珍しくはありません。薄毛の原因になるフケを予防するために、角質を溶解する効果を加えている養毛剤も多くあります。

発毛に繋がるとは限らない

これらが養毛剤を使った際に見込める効果ですが、もちろん養毛剤によってどの効果が得られるかは変わってくるので、どの製品を選ぶかが非常に重要です。自分の頭皮の状態がよく分からないなら、病院で診察してもらい状態を把握してから製品選びに移行するのもよいと思います。ただ、養毛剤は頭皮の状態を改善するのが主な効果なので、直接的な発毛効果はありません。頭皮の状態が悪いのが薄毛の原因の場合なら発毛効果が表れるケースもあるものの、全く効かないケースもあります。そのため、男性型脱毛症の進行が進んでいるなら、育毛剤なり発毛剤と併用するのがおすすめです。